FC2ブログ

ずるい考え方 ラテラルシンキング入門 〜書評〜

シュガー

ラテラルシンキング入門




AIが出てきて、時代の流れが大きく変わっていくなかで、今日の常識が明日の常識ではなくなっていることもあると思います。

そんな流れの速い時代の中で、一つの思考法が必要になるのではないかと考えます。



それが水平思考です。

今回はこの水平思考を紹介していきます。




水平思考思考とは?


"水平思考(ラテラルシンキング)とは、問題解決のために既成の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出す方法である。エドワード・デボノが1967年頃に提唱した思考法である。"(1


”論理的思考と比較されることが多く、

積み上げるロジカル、ジャンプするラテラル と言われています。


論理的思考では、A→B→C というように、物事を順番に積み上げながら、筋道を立てて正解を導いていく考え方です。

したがって、思考のステップが正しく繋がっていることが重要となります。

垂直思考と呼ばれることもあります。





対して、水平思考は、解決策を導くための順番やプロセスはあまり問題になりません。

だから、筋道を立てて考える必要もないのです。

水平思考は水平方向に視点を広げる思考法です。

視点を広げる際に様々な選択肢が生まれることがありますが、それが問題解決に至るものであれば答えです。




よって、

論理的思考で問われるのは、「過程」

水平思考で問われるのは、「結果」となります。”




あまり、意識して水平思考について考えたことはなかったんですが、メンタリストDaiGoさんの弟の松丸亮吾さんがすごくいいと言っていたの参考にしてみた次第です。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="1537175044">





水平思考の特徴



1,あらゆる前提から自由になれる。


”例えば、アーチェリーの「的に矢を当てる」という行為があって、「的に矢を当てる」という行為の本質に着目して、自由発想してみる。

ボウガンを長くしてみたり、的を大きくしちゃったりとか。”


これってルール違反じゃない? ってことも水平思考ではありなんです。



2、今までにないものが生まれる。


”異質なもの同士を組み合わせたり、

既存の価値観を逆転させたりして、それまでなかったものを生み出すのは、ラテラルシンキングならではの特徴です。”



物事を抽象化して、「持ち歩くことができたら便利なもの」をたくさん組み合わせたものが、スマートフォンです。

このように、ラテラルシンキングは新しいものを生み出すのに役立ちます。

果たしてAIにこのようなことができるでしょうか?



3、問題が最短で解決される。


”水平思考では、問題解決をするためなら、どんな手段を採用してもいいのです。


例えば、

大阪から東京へ一刻も早く向かわなければならない。

そんな時、電車の時刻表を見て乗り継ぎを探すのが論理的思考だとすれば、

ヘリコプターで現地まで飛ぶのが水平思考です。


その手があったか!という最短ルートが見つかる。そして問題解決につながります。”

これ結構役立ちます。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="1537175044">





水平思考に必要な3つの力


ラテラルシンキングに必要な「環境」を作るためには、次の3つが欠かせません。


1、疑う力

”固定観念にとらわれると、自由に発想できなくなり、思考停止を引き起こします。

固定観念とは、「〜であるべき」「〜になるはず」などです。”

これはラテラルシンキングにおいて天敵のような存在なので、

あらゆることを疑って見てください。

私のオススメはトヨタも使う→5回なぜ法。がオススメです。


2、抽象化する力

抽象化とは、「本質」や「機能」に注目することです。


鉛筆を抽象化すると、「書く」。馬車を抽象化すると、「移動するもの」となります。


抽象化には3つのステップがありまして、

対象の特定→抽象化→具体化 がステップです。


馬車→早く移動する物→自動車

鉛筆→書くもの→ボールペン。

iPhone→連絡を取るもの→apple watch

学校→勉強する場所→塾


こんな感じです。「〇〇するもの」に当てはめると抽象化しやすくなります。


3、セレンディピティ

”日本語にうまく変えるのが難しいみたいですが、「何かを探している時に、それとは別の価値のあるものを偶然見つける力。」

言い換えれば、偶然を偶然として無駄にしない力。

偶然を何かに関連付ける力です。”

例えば、

電子レンジは、航空機のレーダーを作る時にポッケに入れていたチョコが溶けることに気づき発明されました。

カイロは、お菓子の乾燥剤の失敗作として生まれました。



このように、偶然を偶然として無視しない力を持っているといいでしょう。(2



使い方


ロジカルシンキングとラテラルシンキングの関係は相互補完で、問題解決に対して、どちらか一つを採用しなければならないという訳ではありません。

ラテラルシンキングがあれば、ロジカルシンキングは必要ないということではありません。



上手な使い方のステップとしては、


ラテラルシンキングで選択肢を増やす。

増えた選択肢に対して、ロジカルシンキングで考察、検討します。




参考にしてください。



※参考文献

関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply