FC2ブログ

相手をやる気にさせる話術! ペップトーク 〜書評〜

シュガー

ペップトーク


ペップトークについて知っていますか?



”ペップトーク(Pep Talk)はスポーツ選手を励ますために指導者が試合前や大事な練習の前に行う短い激励のメッセージのことを指す。現在は語学と心理学の分析も進み、アメリカではセールスマンの営業研修やIT技術者のモチベーションアップ研修にも取り入れられている。”(1



もともと、スポーツ選手のプレッシャーや辛いことを乗り切る時になどに使われていた話術です。


現在では、

仕事で部下のやる気を引き出したり、子供のやる気を引き出すのにも利用されています。

具体的にどのようなプロセスで、相手のやる気を引き出すことができるのでしょうか?





・人がやる気に火がつくのには2つのメカニズムがある。


一言で言えば、「自分に価値がある」と感じた時です。

自分に価値があると感じるには2つの欲求を持っていると言われていて、




1つ目は、承認欲求

人に認められたいという感情です。

例えば、

「この仕事もう終わったの?すごいね!」

「テストで100点、よく頑張ってるね!」

頑張りや、成果を認めてあげることで価値を見出します。



2つ目は、貢献欲求

人の役に立ちたいという感情です。

例えば、

「君がいてくれると本当に助かるよ!」

「君のおかげでチームがまとまったよ!」


私が他の人に貢献できているということ、役に立っているということに価値を見出します。



基本的にはこの2つのポイントを主に考えて、価値を見出させてあげることで人はやる気を出してくれます。





・ペップトークの5つのルール

①ポジティブな言葉を使う

例えば、試験前に「ミスをするなよ!」と言われるのと、「自分の力を精一杯出し切ってこい!」と言われるのでは、どのような違いを受けるでしょうか?

後者の方が力を発揮しやすいと思いませんか?



②短い言葉を使う

これから試験だって時に、「国語の試験は、主人公の感情を理解することが重要でまずはそれを理解して・・・」

長々とした会話には、不要な情報や意味のないものが多くなりがちです。
脳のワーキングメモリーを使ってしまうデメリットがあります。

短い方が聴き手にもスッと入って行きやすくなります。



③わかりやすい言葉を使う

試験前や試合前には不安になったり、気持ちが高ぶったりするものです。
わかりにくい言葉を使うと、せっかくのやる気を引き出すチャンスも台無しです。

できるだけシンプルに明確に伝えましょう。


④相手が言って欲しい言葉を使う

これ意外と難しいことなんですが、伝える側と聴き手の立場ってぜんぜん違うってことに気づいて共感してあげてください。

ペップトークは、相手のやる気を引き出すことばなので、自分が伝えたいことを伝えるのではなく、相手が言って欲しい言葉をかけてあげることです。



⑤相手の心に火をつける本気の関わり

伝える側が本気で応援する気持ちがあるからこそ気持ちが伝わるんです。

普段からの関わりで信頼関係を気づくからこそ、ペップトークの効果はさらに現れます。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="6607426486">






・ペップトークの4つのステップ

ペップトークの4つのステップを簡単に紹介します。

ステップ1 受容(事実の受け入れ)

需要の目的は、相手の感受や状況を受け入れることです。

「そりゃ、緊張するよね。」や「辛いよね。」など、

まず相手の心の状態を受容してください。



ステップ2 承認(とらえかた変換)

受容で相手の状況や感情がわかったら、それをポジティブなものに変えて行きます。

「ここは負けてるけど、ここでは勝ってるよね。」や「逆に考えてチャンスなのかも!」

下向きになっている心を上向きに変えるステップです。

発想としては、この記事が参考になると思います。
褒めにくい人の褒め方集


ステップ3 行動(してほしい変換)

本番にどのような行動を伝えるステップです。

ここで重要なのは、”コントロールできる行動の指示をするということ。

サッカーのPK戦で、「絶対決めてくれ!」や「お前にかかっている」よりも、

”「思いっきり楽しんでこい!」や「自分信じてコースを狙って蹴ってこい!」と言われたりしたらどうでしょうか?”

どう感じるでしょうか?


ステップ4 激励 (背中の人押し)

前の3つのステップで、やる気も高まっていることでしょう。最後のもうひと押しがこのステップです。

「笑顔で行こう!」、「さあ、行ってこい!」、「君ならできる!」

などの言葉が当たります。

最後の一言で、やる気の炎に油を注いで大炎上させてやりましょう!





style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="6607426486">




やる気を引き出させてあげたい人がいる、今一自分の力が出し切れていない。人が周りにいるなら是非この一冊を!

参考にしてください。



※参考文献

関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 2

There are no comments yet.
yumimana  
はじめまして。

突然のコメント失礼致します。
yumimanaと申します。

ランキングからお邪魔しました。

読んでみたい本はたくさんありますが、
なかなか全て読むことは出来ませんよね。(>_<)

気になるタイトルをいくつか拝見させて頂きましたが、それで充分、読んだぁ〜と言う気になりました。
(^○^)

とても参考になりました。
ありがとうございます。

2018/08/26 (Sun) 10:55 | EDIT | REPLY |   
シュガー  
コメントありがとうございます。

初めまして。シュガーです!

ブログを読んでいただきありがとうございました。

ブログ始めて4ヶ月で初めていただいたコメントだったので、とても嬉しく思います。

参考になれてよかったです。
これからも頑張って行きますので、よろしくお願いします(^_^)


2018/08/26 (Sun) 12:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply