FC2ブログ

「自虐ネタ」で自分の魅力を高める方法!

シュガー

自虐ネタ 好感度UP


こんにちは、シュガーです!(@brainceleb


今回は「自虐ネタ」で好感度を上げる方法を紹介します!




皆さんはタモリさんを知っていますか?

さすがに知ってますよね(笑)



タモリさんのユーモアって、実は自分をネタにして周囲の人を笑わせるのがうまいんです!


アメリカのウエスト・チェスター大学のマシュー・マウリエロは、

ユーモアにはいくつかのユーモアがあると指摘し、

他人をからかうユーモアや、自虐的なユーモアといった分類を行なっている。




これは、会話をする中でも言えることで、自分を必要以上にカッコよく見せようとすると失敗します。

合コンで、自慢話ばかりする人嫌がられますね。


デューク大学のエドワード・ジョーンズさんの研究では、

男性が自分のことを語るテープを録音した。

男性は、学生の時にカンニングして見つかってしまった、というドジな話をするのだが、

その録音をうまく編集し、

最初にその話が出てくるバージョンと、最後にそのはなしが出てくるバージョンを作ったのである。

それを被験者に聞いてもらいどちらに好印象を持ったか調べたのである。



すると、最初にドジな話を聞かされたグループの方が好印象を持ったのである。






この研究からわかることは、自分の自虐ネタは先に出しておいた方が親近感がわくとわかります。






主観的類似


少し難しい話しをします!


主観的類似とは、簡単にいうと相手が自分に対して、このひとなんか私に似てるなとか感じるということです。


2010年のテキサス大学の調査によりますと、

客観的類似よりも主観的類似があった方が、人間関係の質が上がるとわかったのです。



つまり、

「趣味が一緒だ!」「好きなもの一緒だ!」などの客観的類似よりも、

「この人の考え方、私と似てるかも!」などの主観的類似の方が、


人間関係の質が上がるとわかったんです。







・まとめ



タモリさんのような自虐的なネタを会話の最初の方に出し、好感度を上げる。


その自虐ネタの中で、この人のミスや失敗「私もある!」という主観的類似が生み出せる話をする。





いかがでしたでしょうか?




これをうまく使えると、好感度が簡単にアップできると身をもって体感しております!




参考にしてください。



※参考文献




関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply