FC2ブログ

やる気が11週間も続く、科学的に正し休日の過ごし方。ホリデイリフト。

シュガー

科学的に正しい休日



こんにちは、シュガーです!(@brainceleb


今回は、科学的に正し休日の過ごし方を紹介します。


皆さん休日をどう過ごしていますか?

日頃の疲れを取るために休んだり、仕事の生産性を上げるために勉強したり、趣味に使う人もいるでしょう。



休日だから、休めばいいんじゃないの?

って思いますが、それだともったいない。


今回は、正しい休みを取ることによって、収入を上げたり、モチベーションを上げる方法を紹介します!







休日の効果

休日1


例えば、


休みを取った後に、モチベーション上がりますよね?

休日を満喫したし、仕事頑張るぞ!ってなりますよね。


確かに、休日に旅行などに行ったりした方が、

確実に幸福度や健康レベルやモチベーションは上がりますが、

そのモチベーションは2、3週間しか続かないと2009年のメタ分析でわかってるんです!(1





どうすればいいのか?



オランダで行われた、974人の男女を32週間に渡り追跡した結果、


旅行の楽しさとモチベーションって相関関係がなかったんです。

楽しいと思えば、思うほどモチベーションがあがりそうですが、関係なかった。

つまり、どれだけ旅行が楽しかろうが関係ない。







ところが、例外な奴らがいました!

あることをしていた人たちは、モチベーションが11週間続いたんです!









それが、綿密に計画を立てた人達です。

綿密に計画を立てた人たちは、モチベーションが長く続いたんです。






これは、どういうことかというと、

旅行のいくまでが楽しという感覚と似ていて、

人間って自分で創造力を働かせて、計画を立てている時が楽しいってわかっているんです。

他にも、物を買うまでの選んでいる時間が楽しいとか!




人は自分の人生が自分の力でコントロールできているという感覚を持つほど、モチベーションも上がるし幸福度も上がるとわかっているんです。



自分の頭の中での計画倒れってありえないんです。

なぜならば、行動していないから。

計画している段階では、予定は完璧に決まり、自分の理想が見えている。

つまり、自分の人生をコントロールできているのです。


だから、楽しくなるんです。


そして、旅行に行く前や休日に入る前に、どんな行動をとればいいのか綿密に計画を立てることによって、

無理しない範囲で確実に達成できるレベルで構わないので計画を立てると、幸福度も上がりモチベーションも上がります。




例えば、

休みに、「君の膵臓をたべたい」の映画見に行って、温泉に行って、どこかでご飯食べたい。

ではなく、

11時から「キミスイ」をみて、13時の電車で箱根の温泉に行って、19時から箱根のうなぎ屋さんでうなぎを食べる!

という風に、綿密に計画を決めるんです。



ここにはポイントがあって、ギチギチな計画を立てない。

ギチギチに決めすぎて、焦ってしまったり、思い通りにいかなかったりすると本末転倒になってしまいます。

自分の理想通りに素晴らしい1日を過ごすことができたという感覚が大事なのです!

私の場合、雨の日になってしまい行きたい場所で思うように楽しめない、などの経験もありました。




オススメは、無理のないレベルの計画で、具体的な開始時間とかを指定して入れて、それで予定をこなして行くというのが大事。

もっというと、3時間何かをしたら、後ろの3時間を開ける。

という風にして上げると、意外な発見もあるかもしれないし、幅をもたせて上げることが大事。

旅行に行って、現地で感じて、目の前のことをやりたいと思ったことできなくなってしまうので。

予定を詰めたいという人は半分でもok。3時間したら1時間半あけるとか。



もう一つの大事なポイント

休日2



新たなチャレンジをすることが大切だとアイダホ大学の研究チームはいいます。(2


未知の体験。

今まで行ったことあるような場所に行くんではなくて、今まで行ったことのないような場所に行ったり、行動したりするのが大事。


休日に新しいことをした方が、休日が終わった時にクリエイティビティが上がるとわかっています。





大切なのは3つのC

3つのc


Challenge(チャレンジ):挑戦

Controllability(コントローラビリティ):自分の思い通りに動くという意味

Careful planning(ケアフル プランニング):綿密な計画を立てる


これを満たすだけで、モチベーションが上がりやすくなり最大で11週間続くようになります。





まとめと感想


これ、パレオさんのブログで紹介されていて、DaiGoさんもニコニコ動画で放送していた内容なんです。

DaIGoさんはニコニコ動画の放送で、仕事するために休日を取ると思った方がいいと言っていて、

新しい考え方だなと。


この考え方を知った後に、色々なところへ出かけて見たりしたんです。

そこで2つの疑問が浮かびました。


1、旅行先をどうやって決めているのか?


皆さんは旅行に行くと思いますが、何を持ってその場所に行きたいと思ったのか、行くと決めたのか。

何万もかけて旅行に行くのに、行き先を選ぶことに対しての時間って、あまり使ってはいないのではないかな?

と考えています。



2、旅行先のリサーチはどこまですればいいのか?

これも1と同じ理由で、何万もかけて行くのに適当すぎない?

と感じています!



私の場合は、「沖縄」、「北海道」、などの表紙の旅行雑誌を大型書店に置いてあるもの全て買った上で、アプリで情報収集、ネットでの情報収集などをして、分析してから行くのもいいかな?

なんて(笑)



こんなことを友人に話している内に、

「仕事のための旅行」と、「娯楽性の旅行」の違いかな。

と気づき始めました。



グーグルで調べても、本も情報も出てこないことなので、

今後、気づきがありましたら報告します。





皆さんの旅行の話が聞きたい!!!!!





参考にしてください。











※参考


科学的に正しい「休日の過ごし方」

やる気が11週間も続く!ホリデイリフトとは? 〜モチベーションが上がりまくる休日の過ごし方を解説
関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 2

There are no comments yet.
yumimana  
旅行の行く先

最近はめっきり旅行にもいきませんが、
子供たちが小さいころには長期休暇になると出かけました。

行先の決定は第一に子供たちの行きたいところ。
長男は滝が好きだったので、日本一高い滝があるところとか、
次男の場合はサッカー観戦が好きだったので、サッカーの試合に合わせてとか、
そんな感じでなんとなく決定していましたね。
事前調査はあまりしていなかったな。
ネットで検索してマップで場所を調べてホテルの予約、そんな感じです。

もしこの先一人旅ができるとしたら、
やはり「行ってみたい場所」というのが優先しますね。

2018/09/21 (Fri) 19:52 | EDIT | REPLY |   
シュガー  
Re: 旅行の行く先

コメントありがとうございます!

子供さんがいると変わって来ますよね(>人<;)

旅行や休暇に対しての考え方が変わったのが2.3.年なのでそれが普通ですよね。私もそうでした!

「行ってみたい場所」ですか。


ありがとうございます😊

返事が遅くなりすいませんm(__)m

2018/09/26 (Wed) 12:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply