FC2ブログ

人生は人間関係という研究。

シュガー

うあ


ハーバードの成人発達研究が素晴らしすぎたので、紹介します!(1


人生の中で幸福と健康に何が必要だったのか、それがこの研究です。

75年間724人の男性を調査するという長期間の研究で、今の所世界一大きな規模の研究みたいです。
今は追加調査で2000人の子供たちにも参加してもらっているそうです。





被験者は2つのグループに分けられ、

・1938年にハーバード大学の2年生だった人

・ボストンの極貧環境で育った人(水道設備もないようなアパートに住んでる人が多かった。)

のグループが分けられました。客観的に見て幸福な人と幸福ではない人に分けたということですね。
社会の底辺から上り詰めた人もいれば、そのまた逆で落ちていった人もいました。





この研究からわかったことは、大切なものは富でも名声でもなかった。

はっきりとわかったことは、私たちを幸福に健康にするのはいい人間関係に尽きるということ。





この研究には3つのポイントがありまして。

一つ目は、周りとの繋がりは健康に本当にいいということ。

家族、友達、コミュニティと繋がっているほど幸せで健康的で長生きするということがわかりました。
逆に孤独は害で、あまり幸せを感じれていないし脳機能も悪くなり寿命も短くなる。




二つ目は、身近な人との人間関係の質。

彼らが50歳の時に、80歳になる時に誰が一番幸せか予測したら、身体的なことではなくやはり人間関係でした。
歳をとっていく過程に何か問題が起きても人間関係によって、問題解決能力が上がってうまくいくってことですね。

結婚においても、パートナーと共に幸せと感じていた人ほど幸福度は高かった。
結婚して、うまくいっていない関係の争いの中で過ごすのは離婚することよりも幸福度が下がる。

人間関係がうまくいってない人は身体的苦痛を増大させる傾向にありメンタル的にも良くなかった。




三つ目は、いい人間関係は脳にも影響する。

何かあった時に頼れる人(パートナー)がいると感じている人は、パートナーに全く頼れないと感じている人より、記憶障害になりにくく、メンタルも安定していた。






つまり、ハーバード大学を卒業してお金持ちになって名声を手に入れた人でも人間関係がおろそかだと幸福度は低いし、逆にお金も名声がなくてもいい人間関係に恵まれた人は幸福度が高かった



人は手っ取り早く幸せを掴もうとして、富や名声を追い求めるが本当に大切なのは家族や友達やコミュニティでそれを維持していくのは至難の技ですごい地味な努力が必要になっていくけど、歳をとった時に1番幸福だった人は自ら進んで仲間を新しく作っていった人だったそうです。



参考にしてください。





関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply