FC2ブログ

人を怪物にする方法。

シュガー

悪魔


今回はあの有名なスタンフォード監獄実験を紹介します。



まず、スタンフォード監獄実験とはフィリップ・ジンバルドーによる1971年に行われた実験で、彼らはまずスタンフォード大学の心理学科の地下室に模擬刑務所を作り、心理学の実験に協力してくれる人を広告をだして募った。

情緒的に安定した、正常で、知的な白人の大学生21人が選ばれた。

コインの裏表で、半分の人が看守役に、もう半分の人が囚人役となった。

看守は自分の役割についての指示を受け、囚人は囚人番号を決められ、他の二人の囚人とともに監房に入れられた。

参加者はおよそ2週間に及ぶ実験に参加することになっていたが、6日目の終わりまでには、あまりにも恐ろしい結果に続行不可能となり、研究者は実験を中止しなければならなかった。






ジンバルドー博士はこう説明していて、

どこまでが現実で、どこからが役柄なのか、大部分の参加者にはっきりとわからなくなっていた。

大多数は囚人や看守になってしまっており役割演技と自己とを明らかに区別することは不可能になっていた。

彼らの行動、思考、感じ方のあらゆる局面に劇的な変化があった。

人間的な価値観は一時停止され、人間性の最も醜く、もっとも卑しく、病的な面が表面に現れた。

ある看守たちは、囚人たちに卑しむべき動物のように扱い、囚人は、脱走のこと、自分だが生き残ること、看守に対して憎悪のことばかりを考える。

卑屈で人間性のない人造人間を見て、私たちはぞっとした。





実験は、人が状況によって変わってしまうという状況の異常な力を示している。


ジンバルドー博士は、これをルシファー効果と提唱している。

ルシファーとは、天使たちの中で最も美しい大天使であったが、神に対して謀反を起こし自ら堕天使サタンとなったところから来ている。

どんな人間でも周囲の同調圧力によって善人から悪人に変貌しまう可能性を秘めているというもの。



人間は人間の皮を被った怪物になることもできて、怪物になっているときは人間的価値観が一時停止されているため自分自身が怪物であることにも気づいていない。


そしてこれは、全ての人間が持っているということ。




参考にしてください。



※参考文献











関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply