FC2ブログ

GIVE and TAKE ギバーとテイカー成功するのは?

シュガー

give and take



ついに名著を読みました。アダム グラントさんですね!





すごいいい本すぎて、熟読しまくりました。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



ギバーとは、人に惜しみなく与える人です。


困っている人がいれば助けてあげるし、協力してあげるし、自分が貰うよりも与える人ですね。



テイカーとは、真っ先に自分の利益を優先させる人です。


自分中心に物事を考えていて、自分の利益を追求する人ですね。





こんな、二つのタイプが世の中にはいて、どちらのタイプが出世すると思いますか?


起業家のチップ・コンリーさんは、こう言っています。


「ギバーであることは、100メートル走では役に立たないが、マラソンでは大いに役に立つ。」




答えは、短期的に見たときにはテイカーが成功を収め、長期的に見たときはギバーが成功します。



テイカーは、やっぱり自分中心に物事を考えてしまうので、職場などでも孤立していきます。
なので、環境の変化などにも弱いです。


ギバーは、多くの人を助けているので、そのプロセスでいい人間関係を築いていくので長期的に見ると成功していきます。


この本には、長期的成功をするギバーなので、そのギバーのメリットや、ギバーがテイカーに食い物にされない方法などが書いてあります。


例えば、

・ギバーが成功すると、周りの人々に波及していく。

・ギバーはネットワークを長続きさせることができる。

・テイカーと付き合うときは、マッチャーになればいい。


などなど。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="2693467367">





ルーキースマートの著者、リズ・ワイズマンさんは、こう言っていて、






天才は、テイカーになる傾向があり、自分の利益を大きくするために、他の人から、知力、エネルギー、能力を奪います。


対して、


天才を育てる人はギバーになる傾向があります。ギバーは、自分の知力を使って、他の人々の知性や能力を増幅して、ひらめきを引きおこし、アイデアを生み出し、問題を解決させます。

と言います。




すごく面白く、いい本なのでオススメです。




参考にしてください。





参考文献






関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply