FC2ブログ

好きか嫌いかを例え話で上手く伝える方法。

シュガー

好き嫌いうまく例える方法


日常の会話や仕事の会話の中で、好きという言葉の度合いを使い分けられているでしょうか?


例えば、

ミスチルのことが好きと言ったとします。

果たしてそれはどのくらい好きなのでしょうか?


代表曲を聞くのが好きなのか、LIVEに行くくらい好きなのか、はたまた遠征までするほど好きなのか?

このように一言に好きと言っても違いがあるわけですね。




これを、例えを使ってうまく伝える方法を紹介します。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="2693467367">




”例えば、「好きなパンの程度で考えてみます。」

パンを何個か並べて、1個づつ指を差しながら、それぞれのパンの好きな加減を表現したとします。

その時に、「これは本当に好きなパン」、「これはめちゃくちゃ好きなパン」と表現されても、どっちが好きなのかは、
全くピンと来ません。


しかし、「近所で売っていたら時々買ってしまうパン」とか、「このパンを買うために30分ならんでもいい」と言われたらどうでしょう?



このように、「もし〇〇だったら、〜だろう。」

という形で、例え話を入れて見てください。”〜下記引用〜



この方法を使うことによって、好き嫌いをうまく表現することができます。

好き嫌いがうまく表現できるようになると、自分のブランドビルディングもしやすくなり、有効な人間関係を気づきやすくなるのでオススメです。



参考にしてください。



※参考文献




関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply