FC2ブログ

AGEs(終末糖化産物)について。

シュガー

食事


AGEsとは、Advanced Glycation End Products の略語であり、終末糖化産物と訳されています。人も酸化しています。



週末糖化酸化物って、名前からして体にやばそうですよね。



AGEsはタンパク質のメイラード効果(糖化反応)によって、作られる生成物です。!




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="2693467367">







AGEsはどれくらい体に悪いのか?


AGEsは体内の細胞や分子のほぼ全てのタイプに影響を与え、肌のシミやしわの美容面、血管や脳にも影響を与えると言われています。



また、AGEsの生成や蓄積は加齢に関係する疾患の進行に関連するとわかっていて(2)、アルツハイマー型認知症や心血管疾患や脳卒中を誘発するとわかっています。

取らないに越したことはありません。



AGEsの含まれるもの、増やす調理法。

食品としては肉、バター、一部の野菜にAGEsが含まれ、調理の内、特に揚げる、ローストする、焼くなどの水を使わない調理法で大きく増加するが、茹でる、煮る、蒸す、電子レンジ加熱するなどの場合は比較的増えないとわかっています。(


基本的には、高温で調理しない方が良いでしょう。



他にも、タバコを吸う行為が体内のAGEsを増加させることがわかっていて、AGEsが肺から吸収され、血中と皮膚AGEsの濃度がタバコを吸わない人よりも、高いとわかっています。(4


タバコの老化の原因の一つはこいつなわけですな!




AGEsを減らすには?


方法としては、AGEsの生成予防AGEsの影響除去が一番と考えられています。

実験で、AGEsの生成予防が確認されたのは、

ビタミンC、ベンフォチアミン、ピリドキサミン、α-リポ酸、タウリン、などです。

ビタミンC以外は、食品からたくさん取るのは難しそう。

ガヴァに含まれるガヴァラクトンにもにタンパク質の糖化・脂質過酸化を抑える働きがあるとの研究もあります。(5



影響除去では、ラット、マウスを用いた研究で、レスベラトロール、クルクミンなどの天然フェノール、フラボノイド類およびN-アセチルシステインにAGEsの負の影響を取り除く作用があることが示されたそうです。




参考にしてください。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="2693467367">

関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply