FC2ブログ

バーナム効果の面白い効果。

シュガー

フォーラー効果


今から、60年前に、アメリカの心理学者、バートラム・フォーラーが学生達を対象にある実験を行いました。

”まず、「性格診断テスト」を受けさせ、その診断結果をそれぞれの学生達に配った。


フォアは学生達に、自分に分析がどれくらい当てはまっているかを0(全く異なる)から5(非常に性格)の段階で評価させた。この時の平均点は4.26点であった。

その後、フォアはどの学生にも、同じ評価を与えていたと種明かしした。(1




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="2693467367">





●あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。


●あなたは弱みを持っているときでも、それを普段は克服することができます。


●あなたは使われず生かしきれていない才能をかなり持っています。


●外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります。


●正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります。


●あなたはある程度の変化や多様性を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます。


●そのうえ、あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。


●しかし、あなたは他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気付いています。


●あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。


●あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります。








これらの項目には、性格診断など全く関係なく、駅の売店で買った星座占いを組み合わせて作文したものでした。



”なぜ、これが多くの学生に当てはまったのでしょうか?

この診断のいずれの文章も、あいまいな表現になっているのです。

それが、当たっているか、外れているかを判断するには、まず、足りない情報を自分で補わなければならない。

まず、文章を理解しなければ、それが正しいかどうか理解できないからです。



そして、情報を補っていく場合に、


自分にとって身近な情報を当てはめるのですから、結果として、それぞれの文章が、思い当たるものになっていくのです。

誰にでも当てはまるようなことを言われると、人は、自分のことに当てはめて理解しようとするのです。




これが、バーナム効果やフォアラー効果などと呼ばれています。




参考にしてください。



※参考文献



関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply