FC2ブログ

起業をする時は、本業を続けるのと止めるのはどっちがいい?

シュガー

リスクポートフォリオ


経営管理学者のジョセフ・ラファエーとジー・フェンは、1994年から2008年の間に、起業した20〜50代の5000人以上のアメリカ人を追跡調査した。(1





起業に専念することを選んだ人は、自信に満ちた、リスクテイカーであった。

堀江さんも、ブログに書いていましたが、”バカは平気でリスクを取り、失敗を怖れない。いい意味で鈍感。何度でもチャレンジを仕掛けられ、結果的に成功する。バカは最強なのだ。”(2

と言っていてそのタイプですね。




かわって、本業を続けたままで企業した人は、リスクをなんとか避けたがっており、自身の程度も低かった。

性格的に見ると、内向的な人ですな。石橋を叩いて渡るタイプ。




どっちが、いいと思いますか?




結果は、”本業を続けた起業家は、やめた起業家よりも、失敗する確率が33%も低かった。




リスクを嫌い、アイデアの実現可能性に疑問を持っている人が起こした会社の方が、存続する可能性が高い。



そして、大胆なギャンブラーの起こした会社の方がずっと脆い”


つまり、堀江さんで言うところの馬鹿は、会社を起こすことはできるけど、そういう会社は脆くて存続しにくいと言うわけですね。




なぜ、こうなるのか?




ミシガン大学の心理学者、クライド・クムースはこう言っていて、



”ある分野で危険な行動をとろうとするのなら、別の分野では慎重に行動することによって全体的なリスクを弱めようとするのだ。”


成功を収める人は、リスク・ポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)のなかでバランスをとっていると言う説を提唱した。


つまり、本業を継続して行うことによって失敗しても大丈夫という状況を作り出し、リスクを低減し、精神的にも安定してるというわけです。



アップルのスティーブ・ウォズニアックはアップルコンピューターを作ってから、1年も前職のエンジニアを続けていた。

スパンクスのサラ・ブレイクリーは2年間ファックス機を販売する常勤の仕事を2年間続けながら、夜と週末の時間を利用して試作品を製作した。

グーグルのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの2人も、グーグルを作ってから2年ほど、スタンフォード大学院で学業を続けていた。


”これを見ると起業家は一般の人たちよりもリスクを好んでいるわけではない”とわかる。




参考にしてください。


※参考文献


関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply