FC2ブログ

天才はどうやって傑作を生み出すのか?

シュガー

天才的な創作者は、どうやってアイデアを生み出しているのか?


1997年の心理学者のディーン・サイモントの研究によると、”「影響力のあるアイデアや成功するアイデアを生み出す可能性は、創出されたアイデアの総数が多いことがプラスに働く」”と言っていて、(1)


つまり、”多くのアイデアを生み出すことが傑作を生み出す方法であり、ある分野における天才的な創作者は、同じ分野に取り組む他の人たちよりも、特に創作の質が優れているわけではないという。




”シェイクスピアは、20年間のうちに37の戯曲と154の短い詩を書いている。



モーツァルトは35歳で死去するまでに600曲、ベートーベンは生涯で650曲、バッハは1000曲以上作曲。”


日本だと、秋元康さんプロデュースのAKB48や乃木坂46や欅坂46には擬似的に多くの作曲をしていると言えるので、これが当てはまりますね。(2


”サイモントンは、「マイナーな製品が最も多く創出された期間は、メジャーな作品が最も多く創出された期間と同時期であることが多い」とサイモンとは述べています。”



意外に考えてみると、天才も努力家なのですな!

オリジナルな人も普通の人も対して変わらないのです。

originalsとても名著でした!


参考にしてください。




※参考文献


関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply