FC2ブログ

良い人は報われ、悪い人は罰せられる?

シュガー

良い人は報われ、悪い人は罰せられる?




世の中って公正にできているんでしょうか?



世の中は公正にできていると考える人は、多いでしょう。


このような価値観を社会心理学では、公正世界仮説と呼びます。




例えば、





幸運な人を見て、

あの人は、日頃の行いがいいから運がいいのね!





不運な人を見て、

あの人は、普段からだらしの無い生活をしているから痛い目に逢うのよ。



と、人は思ってしまう傾向にあります。(認知バイアス)



メルビン・J・ラーナーが1960年代初頭に行った研究が嚆矢とされていて、”ラーナーは、一般に人間は「世界が予測可能であり、したがって自分の力でコントロールできると考えたがる。」と述べた。



世界が予測可能であってほしいと願い、それが高じて世界は公平だと思い込むようになる。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="4248369413">





公正世界仮説の実験で有名なものが、(1


”1966年に、ラーナーと彼の同僚は、電気ショックを使用した一連の実験を開始した。最初の実験はカンザス大学で行われ、72人の女性被験者は、共同被験者(実はサクラ)が様々な条件下で電気ショックを受ける様子を見せられた。

当初、被験者が苦しむ様子を目の当たりにした被験者は動揺した。

しかし、第三者である自分が何も介入することができないまま、共同被験者が電気ショックで苦痛を受けるのを見続ける状態がしばらく続くと、被験者は電気ショックの犠牲者であるところの共同被験者(サクラ)を蔑むようになった。

共同被験者の苦痛が大きいほど、軽蔑の度合いは大きかった。


しかし、共同被験者が後で苦痛分の報酬を受け取ると聞かされたときは、被験者は被害者を軽蔑することは無かった。”



つまり、電気ショックを受けている人は何かよく無いことをしたから電気ショックを受けていると考えたのです。

別の実験では電気ショックを受ける人々がランダムに選ばれた事を知っていても同じような傾向が見られた。




”また、別の調査では、偶発的な不運に見舞われた人々が失落者の烙印を押されやすいことが確かめられた。

例えば、

「給食手当をもらっている子供は、そうでない子供よりも頭が悪い。」

「生活保護を受けている人は信用できない、あるいは無力である。」”


などがありました。






あなたは、この世の中が公正だと考えますか?





参考にしてください。



※参考文献

関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply