FC2ブログ

人脈は広く浅く?狭く深く?〜人脈思考法〜

シュガー

人脈術



人脈は、広く浅く?狭く深く?どっちがいいの?


今回は人脈についてお話しします。


浅い関係性の人を、弱い紐帯と呼びます。

ちょっとした知人とか、友達の友達とか。

深い関係生の人を、強い紐帯と呼びます。

家族、親しい友人、職場の同僚や頻繁に顔をあわせる人とか。




”1973年に米国の社会学者マーク・S・グラノヴェターはボストンで無作為抽出したホワイトカラー労働者を対象に、現在の職をどうやって見つけたか調査しました。(1)”


”第一に、社会的な繋がりは職探しにに有利であり、通常の正規の手順を踏んだ人よりも就職しやすいとわかった。”


”第二に、求人に使われる方法は、仕事の種類によって異なる。上級管理職は、新聞広告や公募など正規の方法よりも、紹介などによる採用が多い。

この二つはイメージがあるんじゃないかな?って思います。



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="9771829267">





”第三に、職探しで活用される社会的な繋がりは、意外にも弱い紐帯の方が役に立つ。


強い紐帯の間柄では距離が近すぎるため、行動範囲が重なりやすく、同じような情報しか持ち合わせていない。

これに対して、弱い紐帯では、これまで知らなかった人や会社や情報と結びつく可能性が高く、従って職を得やすいとグラノヴェッターは言っている。”



”そして社会的な紐帯には、強い密着性はいらないのである。

有効なネッットワークを作る時には、広く浅くを心がけるとよいと言っている。






つまり、転職や何か新しいイノベーションを起こしたい時には弱い紐帯を利用していくといい。



強い紐帯に関しては、仕事のモチベーションや生産性を上げたり、その人間関係によって健康に長生きしてけるということがわかっています。


仕事のチベーションを700パーセントUPする方法。

人生は人間関係という研究。


弱い紐帯でイノベーションを起こし、そのイノベーションを強い紐帯によって加速させ成長させていくのが理想でしょう。


参考にしてください。



※参考文献


関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply