FC2ブログ

職場の人間関係を改善する3つのポイント。〜人生がうまくいくシンプルなルール〜

シュガー

職場の人間関係を改善する「3つのポイント」


”2014年に行われた、日本の3万7000人を超える正規雇用社員を対象に行われた調査によると、職場内で人間関係に悩んでいる人は、そうでない人に比べて不眠症に苦しむ傾向があるとわかりました。

妬みだろうが、敵対心だろうが、同僚への失望だろうが、職場での「社会的ストレス」は、仕事の負担からくるストレスよりも、私たちを苦しめることがあるとわかりました。

人間は社会的な生き物で、職場などのコミュニティー(集団)に属していないと感じたり、コミュニティーを信頼できないと感じると、どんなに意味のある仕事も台無しになることもあります。

仕事そのものの負担が大きかったり、ストレスが多かったり、自分の仕事がどうも理想とは違うと感じるなら、コミュニティーに属しているという「帰属意識」が大切になってきます。”

結局のところ、仕事に対しての適格性も大事ですが、ハーバード大学の研究でもわかっているように、人間関係が重要になってきます。

そりゃ、仕事の人間関係がうまく言ってなかったら眠れない夜もありますわな。




今回はそんな職場の人間関係を改善する3つのポイントを紹介します。


1、サポートが必要な人が周囲にいるか考える。

社内政治でストレスが溜まっていて、同僚の振る舞いが気になっているのなら、他の人もそうかもしれません。
自分がサポートできるか、話を聞いてあげるだけでもいいんですよ。
ハーバード大学の研究では、人は話を聞いてもらえるだけでも、脳に快感が与えられるとわかっているので、一緒にコーヒーでも飲んで話を聞いてあげてください。


2、「職場での親切」を実践する。

あなたが抱えている一番大きな「社会的なストレス」は個人的な問題だと感じていても、他人を助けることは、自分のストレスに対象するのに役立ちます。

ここにストレスに対象できるマインドセットがあって、職場での小さな親切を行うことができれば、協力的な人間関係を築くのにも役立つし、「職場での健康や幸せ」の鍵となります。

こうしたポジティブな社会的な触れ合い」をしている時には元気が出て、対立が生まれる「毒」を消す解毒剤の働きをしてくれます。

友達ができたりしたらなお良しです。(1


3、他人の貢献を認め、感謝する。


職場の他の人が、「自分はこの職場で評価され、受け入れられている」と感じられるようにしましょう。
職場での対立で一番嫌なことの一つが、「自分は(職場の)一員ではない」と感じさせることです。

ある研究によれば、帰属意識を高めるため最良の方法、他の人たちに、「自分は高く評価されている」としっかりと自覚
してもらうことなのです。

仕事で、人に頼られてそ理由が自分ができる人間だから。だったらとても嬉しいですよね。

職場の他の人もそうなんですよ!


「職場での社会的なサポートをより強く感じている人は、落ち込んだり、精神的に消耗したり、職場での対立に悩んだりする傾向が低い」ことがわかっています。



参考にしてください。



※参考文献




style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="5622008293">

関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply