FC2ブログ

一年生になったら友達100人できるかな。は否定するべき?

シュガー

友達100人できるかなは否定するべき?


2018年7月29日放送の初耳学という番組で林修さんがこんなことをを言われていました。


友達が沢山いることがいいことだ、といつの間に思い込むようになった?


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9658803986500844"
data-ad-slot="5622008293">




その出発点にあの曲(一年生になったら)があるような気がすると言っていて、現代人の悩みを象徴する歌であるという捉え方もできるのではないかと。


確かに、現代人のの悩みの一つではないかと思いますね、


これに関して林氏は、自分の考えではなくて、ベストセラーの本に書いてあるんだと。

それが、この本。友だち幻想。




友達が大切だと言いながらも、重い、、、面倒、、、と思うことは本当にないのでしょうか?

例えば、

寝ようと思っていたら、LINEが来た。

返事をしたらまたすぐに返事が来た。


みたいなことありますよね。



友達というのは、幸せになるために、一緒にいたい人と、選んで、選ばれて、その人のことが負担になっていて、
本当にいいのか。



時代が変わって、SNSの普及により繋がるのが簡単になった。

しかし、繋がりすぎてしまっていることが負担になっていないかということ。


SNSに疲れた人はこれ読んでください。(SNSを操り幸せを手にいれる方法。



哲学者のニーチェがいいことを言っていて、「愛せない場合は、通り過ぎよ。

この人は無理とか、この人とは仲良くなれないなと、思ったら通り過ぎてしまっていいということ。

簡単にいうと、ちょっとドライな人間関係。

アドラー心理学でいうところの課題の分離的な考えですな。






これに対し、Sexy Zoneの中島健人さんが、「遠おり過ぎ過ぎて、孤独になってしまうことが寂しくないですか?」

と言っていて、この発言に対し、林さんは、「えっ、孤独って寂しいんですか?」と返しています。


ここでもう一冊本を紹介していて、極上の孤独という本です。




林さんは、『僕の莫大な経験で、「孤独は嫌だ」という人の共通点は、本を読まない人が多い。』と言っていて、

だいたい人間は、考えるという作業は1人じゃなきゃできない。

1998年のセンター試験にも出た文章ですが、人間は考えるといのは1人ではなきゃできない。

1人で考えることによって、初めて他の人と繋がれる。

「人間は考える葦である」というあの言葉に、英語で書くと、Man is a thinking reed のようにaが付いている。


人間は考えると1人になる、
1人になって自分を見つめ直す。

その中で、1人で他人との繋がりを見出す。

それを唯一可能にしてくれることが寂しいんですか?

というところで終わっています。



つまり、孤独になることも時には大切なので、あの歌にあるように、多くの友達を持つことは必要でないということです。

友達がいない孤独な人生は、タバコを吸うことよりも害があり、短命だとわかっているので、完全に孤独になるのは良くないです。

そして、林さんの言うように、脳の創造性ネットワークは、ひとりで孤独に考え抜いているときに活性化しやすいとわかっているので、間違ってはいないでしょう。




参考にしてください。
関連記事

スポンサーリンク

Posted byシュガー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply